見出し

整体との出会い

大学を卒業してから、某大手電機専門店で販売の仕事をしていました。

当時の自分は特にやりたい事もなく、なんとなく惰性のような感覚で仕事や日々を過ごしていたように感じます。


そんな生活の中、勤めていた会社の大学生のアルバイトの子が整体の学校にダブルスクールで通っていたのが、整体という世界を知るきっかけでした。


働きはじめてから、肩こりや首が痛いというような感覚が出始めていました。

丁度そういうタイミングで整体の学校に通っている子から、整体の練習台になって下さいというお誘いがあったので、施術を受ける事に。


正直、当時受けた施術で体が楽になったという感覚はあんまりなかったのですが、話に聞く整体の世界に憧れを持ち、整体の学校に自分でローンを組み入学しました。


この入学を機に大いに苦労する事になります(笑)

この事は、後で記述していく事にします。

整体学校への入学を決断

当時、その専門学校の学費は2年間で300万ちょっと、卒業後にお店での研修(インターン)に入るので、105万かかりました


自分はその当時貯金するという感覚がありませんでしたので(今考えるとどうしようもない奴ですね(笑) )。

全額ローンを組む事に。。。


後々、ローンを払い終わってから利子分を計算すると、利子分だけで80万にもなる事が判明。。。

整体だけで、総額500万近く払った事になります。

更に、整体学校に入学する1カ月前に新車で250万の新車もローンで買ってしまっていました。


25歳で800万近くの借金を背負う事になりましたが、その当時は今よりも楽観的だったので、新しい事を始める気持ちが高まってやる気満々でした。


今考えると、よくローンが通ったなあという感じです。

さすが、大手の会社だったなあ(笑)

整体を始めてから。

整体の専門学校は2年制で夜間の学校でした。

昼間は会社員をしながら、夜は学校に行くという二重生活の始まりです。


基本的には真面目な性格(笑)なので、新しく覚える事となった整体が面白くてどんどん没頭していきました。


入学して半年経った年末に、忘年会での席で学校で1年間頑張ってた人を投票してトップ10を発表するというイベントがありました。

そこでの順位は6位か7位だったと記憶しています。

ここで、あまりにも悔しかったので皆の前で『来年は1位を取ります』と宣言していました。


その当時は、勝ち負けに異様に執着してた気がします。

只の負けず嫌いとも言いますが・・・(笑)


そして、1年後の年末の忘年会で恒例の順位発表があり、年間1位を取る事が出来ました。


その当時の学校の人数は30名近くいました。

1位を発表された時は号泣してた事は今でも覚えてます。


この頑張りもあってか2年間の学校を半年残して、臨床の現場にたてる事になりました。

インターン(弟子)生活へ

普通の人よりも、半年早くインターンに入れる事になりましたが、当時いた会社の規則では、インターンに入っている間は給料が出ない為に朝は5時起きで仕事をしながら、18時からはお店に営業に入るという形になりました。


お店に入る時間を確保するために、社員でやっていた会社を辞め、アルバイト生活になります。


患者さんは色々な業種の方が来院されるので、良い機会だと思ったので色々な職種のアルバイトをしてみようと思い、1度に5個のアルバイトをしました。


パチンコ屋×2(パチンコ屋さんはお給料が良かった為に2店舗掛け持ちしてました)・ファーストフード・カラオケ屋・ファミレス。


他にも介護・工場・選挙活動の手伝い・ガソリンスタンド。

もっと色々やっていたかと思いますが、色々やりすぎて{覚えてません(笑)。


アルバイトを5個やってる間にも、横浜にあった学校で弟子という立場で学校の生徒さんにも教えに行くという事もしていました。


基本的に毎日18時以降はお店で営業に入り、それまでの間にアルバイトをして、基本的に休みは月1回、睡眠時間は3~5時間位でした。

この生活を1年半続けてたのですが、当たり前ですがもう二度とやりたくはありません(笑)


長くなりましたが、もう少し続きます(笑)

お付き合い頂ければ、↓の『私が開院した理由2』編をクリックしてご覧ください。


私が開院した理由2



画像の説明

【お客様の来院エリア】

厚木市・相模原市・秦野市・鎌倉市・平塚市・伊勢原市・横浜市
愛川町・海老名市・藤沢市・清川村・大和市