膝痛の症例①

フラダンスをやっている膝痛の症例

患者さん

女性 50代

初回来院

2016年12月

症状と来院理由

3か月前、ヒールの高い靴を履いた次の日から痛くなった。フラダンスをやってる。歩いていても痛い。右膝曲げながら力を入れると痛い。左ひざ深く曲げると、膝の裏痛い。という状態で来院。

施術の内容と経過

施術は膝痛専用の施術+骨盤調整+頸椎調整+肝臓・腎臓の調整。

施術は、3回目終了後には、歩くのが楽。膝を曲げると痛いが楽になってきた。

6回目終了後には、しゃがめるようになってきた。8回目終了後には、全体的に調子良い。膝が抜けるような感じのみある。

12回目終了後には、膝が抜けるような感じも無くなり、概ね良好。ここからは、2週間に1度のメンテナンスへ移行した。

施術者の見解

初回の検査では、骨盤・頸椎・膝蓋骨のズレ。肝臓・腎臓に反応があった。

膝痛の方は、腰椎に問題のある方が多いが、この方も例外なく腰椎の問題があった。膝だけでなく、内臓も含めた調整を行う事により、普段の疲労量よりも回復力が上回り良くなっていった。

また患者には、冷たいモノは身体に入れない・身体を温める・水分を適量取るようにといった指導も回復力を助長し回復となった。

 

症例2 ヒアルロン酸の注射が効かない膝痛

患者さん

女性 50代

初回来院

2016年11月

症状と来院理由

座り仕事で30分座っていると、立つ時に膝が痛くなり、うまく立てない。階段の昇降で膝が痛い。整形に通っていたが良くならないので来院。ヒアルロン酸も効かない。

施術の内容と経過

施術は膝痛専用の施術+骨盤調整+頸椎調整+肝臓・腎臓の調整。

施術は、4回目終了後には、階段の昇降が楽になってきた。。

8回目終了後には、座っていて立つ時の膝の痛みが軽減してきた。

20回目終了後には、膝の調子は概ね良好。本人の希望もありここからは、2週間に1度のメンテナンスへ移行した。

施術者の見解

初回の検査では、骨盤・頸椎・膝蓋骨のズレ。肝臓・腎臓に反応があった。

この方は、病院では手術しか治らないと言われ、ヒアルロン酸の注射も効かないくらい状態は酷かったのと、回復力自体もかなり低下していたので、期間と回数はかかったが、日常生活に支障がない位にまで回復した。

他には腰も仰向けで膝を立てて、少し曲げる程度で痛みがあり、骨盤の調整・腰椎の調整も同時に施術できたので、膝と腰は相関関係にある為に一緒に良くなっていった。

 

症例3 体重をかけると痛い膝痛

患者さん

男性 40代

初回来院

2017年11月

症状と来院理由

2か月前、膝を2回ぶつけてから右膝の内側が痛くなった。歩いていても痛い。右膝伸ばすと痛い。右膝が内側に入るような動作だと右膝の内側が痛い。右足に体重を乗せると痛い。痛み止めが効かないという状態で来院。

仕事は内装業で重い物を運んだりする事が多い。

施術の内容と経過

施術は膝痛専用の施術+ハムスト・臀部のカウンターストレイン+肝臓・腎臓の調整。

施術は、3回目終了後には、歩くのが少し楽。右足に体重を乗せられるようになってきた。

5回目終了後には、歩いても痛くない。右足に体重を乗せても痛くない。

6回で終了。本人の希望により2週間に1度のメンテナンスへ移行した。

施術者の見解

初回の検査では、骨盤・膝蓋骨のズレ。臀部・ハムストリングスの筋肉に老廃物が溜まっている。肝臓・腎臓に反応があった。

この患者さんは、セルフケアを積極的に毎日行い、冷たいモノは身体に入れない・身体を温める・水分を適量取るようにといった指導も回復力を助長し回復となった。

膝痛について詳しくはこちら

膝痛

膝痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加