脊柱管狭窄症

私は整体歴16年以上で整体の専門学校の講師をしていました。

そして私が運営する院、【整体あふり】は脊柱管狭窄症によるしびれ・痛みに対応できる整体院です。

脊柱管狭窄症の症状や脊柱管狭窄症に関する悩みを下記にまとめました。

そして、このページでは当院の脊柱管狭窄症に関する施術方針を書き留めていますので、本気で身体を良くしたいと思う方は、しっかりとお読みください。

脊柱管狭窄症について

専門用語が並ぶと良くわからないと思うので、このページを読んでいる方に、語句の一個一個を読みといて、わかりやすく説明していきますね。

脊柱管とは? 

背骨は椎骨(ついこつ)という骨が積み重なってできています。

背骨に囲まれた管状の空間の事を脊柱管と言います。

狭窄とは?

辞書で調べると、【間がすぼまって狭いこと。】

まとめ・脊柱管狭窄症とは?

脊柱管を構成する組織の変形により脊柱管が狭くなったために、脊柱管の中を通っている神経や枝分かれする神経と、神経に伴走する血管が圧迫される事。

脊柱管狭窄症の原因

脊柱管が狭窄する原因として、一般的な病院などでは加齢だと言われる事が多いようです。

加齢以外だと、労働による負担の蓄積や病気による原因もあるようです。

脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状は間欠跛行(かんけつはこう)です。

間欠跛行とは、歩きはじめは何ともなく一定時間歩き続けてると足に痛みやしびれが出てきて、ひどい時は歩けなくなります。

歩けなくなったら、前かがみになって休んでいると痛みやしびれが軽くなり、また歩けるようになる事を間欠跛行と言います。

間欠跛行(かんけつはこう)以外の症状は以下の様なものになります

・腰の痛み・重み・違和感・張り感。

・太ももからふくらはぎ、足の裏の痛みやしびれ。

・スネとふくらはぎがしびれている。

・足先が持ち上がらなく、つまづく。

・足に力が入らない。

・台所で立っていると、足が痺れてくる。

・立っていると足が痺れるが、座ってたり、寝ている時は大丈夫。

・天気が悪いと、しびれもの状態も良くない。

・歩いていると痛くなる時間は、朝の寝起きの時間の方が痛くなる時間が早い。

※足の症状だけで、腰痛は全くない場合もあります。

症状が悪化すると

・歩行時に尿意を催すなどの排尿障害。

・会陰部(えいんぶ)に灼熱感(しゃくねつかん)などの異常。

などがあります。

病院での対応は

【厚木市の3つの整形外科で脊柱管狭窄症に対して行われている事】

※【厚木市 脊柱管狭窄症】で検索し、上位からインターネット上で公開しているものを抜粋しました。

【A整形外科】

薬や点滴は使用せず、注射。

【B整形外科】

神経の血流を良くする薬や各種の痛み止めなどを組み合わせた薬物療法。

痛みを緩和するための注射。

リハビリ。

コルセットの装着。

それでも改善しないときには手術。

【c整形外科】

具体的な記述無し。

当院での脊柱管狭窄症の整体マッサージは

先ずは、身体を支えている足元の調整・骨盤の調整・体幹のねじれを取っていきます。

身体全体のバランスを整えたら、脊柱管狭窄症専用の施術を行います。
当院の施術は、私自身が色々な施術を体験して作りあげた整体です。

内臓の調整と骨盤の調整を軸にした、厚木市では唯一の体質改善整体を確立し、現在の施術法としています。

5歳のお子さん〜92歳の年配の方も受けられる整体法です。

また、日常生活での注意点やセルフケアもお伝えしています。