足底筋膜炎

私は整体歴13年以上で整体の専門学校の講師をしていました。

そして私が運営する院、【整体あふり】は足底筋膜炎を得意としている整体院です。

足底筋膜炎の症状やお客様が当院に来るまでにあった足底筋膜炎に関する悩みを下記にまとめてみました。

そして、このページでは当院の足底筋膜炎に関する施術方針を書き留めていますので、
本気で身体を良くしたいと思う方は、しっかりとお読みください。

足底筋膜炎について

足底筋膜炎は今現在運動されている若い方や40、50代の方にも多い症状です。

最近のマラソンブームにより、多くなってきました。

 

痛みが強くなったり、秋から冬にかけて痛みが気になり出す方が多く、当院でも10月くらいから2月くらいに足底筋膜炎の患者さんが多く来院されます。

足底筋膜炎の症状

  • 歩くとかかとが痛い。
  • 走るとかかとが痛い。
  • 朝起きての数歩がとても痛い。
  • 暫く座っていて、動きだしの数歩が痛い。
  • 長時間歩いていると、足の裏が痛い。
  • 足全体が膜を張ったような状態で違和感がある。
  • かかとの骨の前方内側を押すととても痛いところがある。
  • 病院での手術を考えている。

足底筋膜炎の原因とは

足底筋膜炎の原因は、下肢(足全体の捻じれ)・すね・腿・ふくらはぎ及び足の関節の硬さからくる方が多いです。

内臓の疲労から痛みが出る方もいます。

長年の臨床の経験から、土踏まずから母指球にかけての部分は心臓の調整が必要な方もいる。

かかとは、腎臓の調整が必要な方もいる。

心臓や腎臓は、心電図や血液検査に異常がなくても、疲労によってある場所の反応が出る事が多々あるので、反応が出た方には腎臓または心臓の調整をしていきます。

そして、2016/8月の時点では仮説ではありますが、足底筋膜炎になり当院に来院される方の9割以上の方に共通する事を発見しました。

それは何かというと・・・

甘いモノ(ジュースを含む)が好きだという事です。

もし、あなたが辛い足底筋膜炎に悩んでいて、甘いモノが好きなのであれば、甘いモノを止めてみてください。

甘いモノ止めて、不健康になる人はいませんので。

 

足底筋膜炎の方がやってはいけない事

足底筋膜炎になった方が、良かれと思ってやってる事で余計に症状を悪化させている事があります。

それは、何かというと・・・

・健康サンダルを履いている。

・竹踏みのような運動で足の裏に強い刺激を与えている。

この2点は、足底筋膜炎の症状を悪化させるので、すぐに止めてください。

病院での対応は

足底筋膜炎は骨には異常がない事が多いので、シップを出され様子を見ましょうと言われる事が多いようです。

レントゲンを撮ると、かかとの骨がささくれのようになっていて、それが原因で炎症がおこり痛みが起きているという説明を受ける事もある。

シップを出されない場合、炎症を抑える塗り薬を出される事もある。

当院での足底筋膜炎の整体マッサージは

先ずは、身体を支えている足元の調整・骨盤の調整・体幹のねじれを取っていきます。

身体全体のバランスを整えたら、仕事にも影響していた痛みが、趣味のエアロビを楽しめるようになった足底筋膜炎専用の整体施術を行います。

当院の施術は、私自身が色々な整体を体験し効果の高いものを習得し、内臓の調整と骨盤の調整を軸にした、厚木市では唯一の体質改善整体を確立し現在の施療法としております。

7歳のお子さん~92歳の年配の方も受けれる安全な整体法です。

一番の特徴は、症状に合わせて施術をするのではなく、人に合わせて施術をしていきます。

また、日常生活での注意点やセルフケアもお伝えしています。

わからない事はお気軽にご相談下さい。

 

不思議でしたが痛みが減りました

お客様写真
アンケート用紙

つま先立ちをすると、足の親指の下が痛くなっていました。

治療後には痛みがやわらぎました。

治療は押されても痛くなく、他の整体のように痛くないので、不思議でしたが痛みが減りました。

一度で完全に治るわけではないので、また通ってみようと思います。

S様 相模原市 30代 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

1年以上続いた足の裏の痛みが和らいでいます

お客様写真
アンケート用紙

急にテニスをやり始めたことによる足の裏の痛みが1年以上続き、歩く事も辛かったのですが、整体あふりにきたら、原因が老廃物が足に溜まっている事による症状だと聞かされてビックリしましたが、段々痛みがやわらいでいっているので、良かったです。

えびやん様 藤沢市 30代 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

制限していた事が出来るようになってきました

お客様写真
アンケート用紙

痛みが日に日に増し、やりたい事を制限していましたが、施術を受け始めてからは、すこしづつ制限していた事が出来るようになってきました。

一時期は仕事にも支障が出ていたので、症状が改善されてきて、とてもうれしいです!

みーすけ様 厚木市緑ヶ丘 20代 保育士

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

朝の辛い痛みも少なくなり、精神的にとても救われ、外出も心配無くなりました

お客様写真
アンケート用紙

私立病院で成人期扁平足。整形外科では足底腱膜炎と診断され、レーザーをかけたりしましたが、痛みは増すばかりで、インターネットで整体あふりを見つけて駄目でもともとと思い、治療していただき、初めての日の帰りには、痛みが無くなり、今では朝の辛い痛みも少なくなり、精神的にとても救われ、外出も心配無くなりました。

M.H様 厚木市 77歳 主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

痛みが引いていき、歩く事も座る事も辛くなくなりました

お客様写真
アンケート用紙

かかとが痛く歩く事も座る事も辛く、何件か病院に通いましたが原因不明と解決法がわからず、ここに通う事にしました。

整体は初めてだったので不安がありましたが、丁寧な対応と説明をいただき、痛みの原因もわかりました。最初のうちは、なかなか痛みは引かなかったですが、2週間、3週間と通ううちに、徐々に痛みが引いていき、歩く事も座る事も辛くなくなりました。これからも教えていただいた、毎日のケアを続けていきたいと思います。

滝澤様 海老名市 33歳 会社員

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

足底筋膜炎 症状が良くなりました

お客様写真
アンケート用紙

M.M 茅ヶ崎市 20歳

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

地域唯一の施術法

地域で唯一の施術法で、他では良くならなかった痛みを改善。

不足している栄養のアドバイスを受けられる

血液検査を持ってきてもらうと、体の改善を促す食事・栄養のアドバイスを受けられる。

身体が良くなる仕組みをお伝えします

不調の原因と、良くなるための仕組みを理解できる。

痛みの出ている根本原因を特定します

痛みが出てくる根本的な原因がわかる。

器具を使わず、手技での施術を行います

器具を使わない施術だから怖くなく安心です。

自分で出来るケアの方法が身につきます

自分に合ったセルフケアが学べる。

お渡しする資料も充実

オリジナルのニュースレターを発行。

厚木・伊勢原にお住まいのあなたへ

こんにちは。整体あふり院長の小林です。

ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

整体あふりは小田急本厚木駅北口からバスと徒歩で15分、住宅街の中にある整体院です。

一人ひとりのお客さんの痛みと真剣に向かい合うため完全予約制で院長一人の小さな整体院ですが、女性の方も安心して受けられるように配慮しています。

当院に来院される方の7割は女性の方です。

お陰様で今ではご紹介や口コミで支えられています。

整体あふりのご案内

営業時間

10:00~20:00(最終受付19:00)

当院は完全予約制となっております。

当日予約が可能な場合もありますが、必ずお電話をしてからご来院ください。

料金

整体コース

現在の状態を緩和させるのは当然ですが、痛みのないカラダ、再発しないカラダ作りを

目指した施術内容となっております。

初回:7,020円(税込み)(施術料5,940円+初診料1,080円 50分前後)

あなたに最適な施術をする為、お話をお聞きするので初回は若干長くなる為に、初診料をいただきます。

2回目以降:5,940円(税込み)(15分前後)

初診時の体の状態をカルテに残しておきますので、より効果的な施術が出来ます。

各種、保険は取り扱っていません。

本来、人間の身体は日常生活で痛みが出ても、寝て起きれば回復しているのが普通の状態です。

 

もし、この文章を読んでいるあなたが寝て起きても痛みがある・疲れが取れないという状態で、このままの生活習慣を続けていれば良くなる事はないでしょう。

 

痛みやコリ・違和感は身体からの「なんとかして!」という信号です。

この信号を無視し続ければ、今ある痛みの場所以外にも痛みが出たり、今以上に身体の状態はひどくなります。

 

『痛みを気にせずに好きな事をしたい』方は、一度整体の専門学校で講師経験のあり、身体の専門家がいる整体あふりへお気軽にご相談ください。

 

あなたのご来院を心よりお待ちしております。

周辺地図

インターネットからのご予約

ラインからも予約できます

足の痛み痛関連の記事まとめ

足底筋膜炎に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加