オスグッドの症例②

症例1 2年前からの陸上・長距離走のオスグッド

患者さん

男性 16歳

初回来院

2016年7月

症状と来院理由

中学の時に陸上で長距離走をやっていた。2年前に整形外科で両膝ともオスグッド病と診断された。

3ヵ所整形外科を回ったが、成長痛なので待つしかないと言われので1年前から運動を休んでいるという状態で来院。

階段の昇りがきつい。屈伸で伸びきった時が痛い。全力で走ると痛い。

施術の内容と経過

施術はオスグッド専用の施術。セルフケアも伝え、毎日実施するように伝える。

初回終了後、一番痛い時が10だとすると、翌日は8。翌々日は10に戻る。

3回目終了後、一番痛い時が10だとすると5くらい。

5回目終了後、一番痛い時が10だとすると、左が3・右が1くらい。

6回目終了後、日常生活で痛みが出ない。運動後も痛みが出なくなったので、7回で卒業となった。

施術者の見解

整形外科はオスグッドは成長痛なので、休んで待ってくださいと言われる事が多い。学生時代の3年間は人生の中でも貴重なので1人でも多くのオスグッド患者を助けたい。

この症例の感想

歩くのも辛かったオスグッドが、大会で1位を取る事が出来ました!

お客様写真
アンケート用紙

以前から膝が痛く、部活も満足にできず、酷い時は歩くのもつらかったのですが、どの病院に行っても待つしかないと言われあきらめていました。

しかし、小林先生に治療してもらうとあっという間に痛みがとれました。部活もできるようになり、大会等では一位を取る事ができました。

R.A様 秦野市 10代 学生

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

症例2 キャッチャーをやっている野球少年のオスグッド

患者さん

男性 12歳

初回来院

2017年5月

症状と来院理由

小学6年生で野球をやっていて、ポジションはキャッチャー。3月末から膝のお皿の下が出っ張ってきた。患部を押すと痛い。

4月に高跳びで膝を捻って膝を痛める。整形に行ったらオスグッドと診断され、シップをもらったが症状が改善しない、6か月は運動を休むように言われ、どうにかしたいと思い来院。

施術の内容と経過

施術はオスグッド専用の施術。セルフケアも伝え、毎日実施するように伝える。

施術は、2回目は7日後、3回目も7日後に来院してもらった。

1回目終了後には、今までの最大の痛みが10だとすると、3・4になて走れるようになった。2回目終了後に3回目までに痛みが出なくなったので、計3回の施術で終了とした。

施術者の見解

初回の検査では、腿の表側の筋肉の過緊張。回復力よりも疲労力の方が上回っている状況だった。

患者には、冷たいモノは身体に入れない・身体を温める・水分を今までよりも1日1リットル多く取るように指導、オスグッド専用のセルフケアを伝え早期の回復となった。

この症例の感想

歩くのも辛かったオスグッド、野球チームのセレクションに合格できました

お客様写真
アンケート用紙

オスグッドで歩くのもつらかったですが、わずか2ヶ月でほとんど痛みがなくなるまで回復しました。

セルフケアもわかり易いもので、継続する事ができました。

希望する野球チームのセレクションにも合格でき、また今まで通り野球が出来そうです。ありがとうございました。

H.I様 秦野市 10代 学生

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

オスグッドについて詳しくはこちら

オスグッド

オスグッドに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加