ぎっくり腰の症例①

症例1 転倒後のぎっくり腰

患者さん

男性 30代

初回来院

2017年4月

症状と来院理由

歩いていて転倒し、腰の激痛で立てなくなる。翌日、立てるようにはなったが、腰に痛みがある状態で整形外科へ行き、ぎっくり腰の診断。

痛み止めの薬をもらい、2日経ったが痛み止めも効かない。腰は起き上がる時に一番痛い。腰は立っている時が一番楽だが、腰の全後屈で痛みが出る状態で来院。

施術の内容と経過

施術は骨盤の調整・頸椎(くび)の調整・腎臓・肝臓の調整。

施術は、2回目は3日後、3回目も3日後に来院してもらった。

2回目終了後の2日後には、今までの腰の状態になったので、計3回の施術で終了とした。

施術者の見解

初回の検査では、骨盤・頸椎(くび)のゆがみがあり、内臓の反応は、腰痛の王道パターンの腎臓・肝臓に反応があった。

患者には、腎臓・肝臓の反応があった為に、冷たいモノは身体に入れない・身体を温める・水分を今までよりも1日1リットル多く取るように指導、早期の回復となった。

 

症例2 お尻から腰にかけてのぎっくり腰

患者さん

女性 50代

初回来院

2015年4月

症状と来院理由

2週間前の月曜日にしゃがもうとして、動けなくなりぎっくり腰になる。次の日は起き上がれるようになったが痛みが2週間続いている為に来院。

他の症状としては、4月に入ってから頭痛も出るようになっている。場所は後頭骨から頭頂骨にかけて。ひどい時は、寝てても痛みで起きるくらい。

施術の内容と経過

施術は骨盤の調整・頸椎(くび)の調整・腎臓・肝臓の調整・頭蓋骨の調整。

施術は、2回目は3日後、3回目も3日後に来院してもらった。

2回目終了後に腰が軽くなる、3回目終了後には腰の痛み・頭痛もなし。


そこから4・5回目は1週間後。6回目は2週間後の間隔で来てもらう。

痛みもなく日常生活に支障が無いようなので、6回で卒業。そこからは、2週間に1度でメンテナンスへ移行。

施術者の見解

初回の検査では、骨盤・ゆがみがあり、内臓は腎臓・肝臓に反応があった。

頭痛は、頸椎(首のズレ)・頭蓋骨のゆがみ(特にプテリオンとアステリオン)があった。

患者には、腎臓・肝臓の反応があった為に、冷たいモノは身体に入れない・身体を温める・水分を今までよりも1日1リットル多く取るように指導。

 

症例3 左のぎっくり腰と左ソケイ部の痛み

患者

男性 30代

初回来院

2015年6月

症状と来院理由

仕事柄、重いモノを持つ事が多く、運転も多い。

仕事中に重い物を持って、左腰を痛めた。同じ体勢をしていると左のソケイ部が痛むという状態で来院。

施術の内容と経過

施術は骨盤の調整・頸椎(くび)の調整・腎臓・肝臓の調整。

施術は、2回目は6日後、3回目も6日後に来院してもらった。

2回目終了後には腰の痛みは違和感程度、左のソケイ部は痛みが軽くなった、4回目に来てもらった時には、左の腰・ソケイ部共にほとんど気にならないという事だったので、計4回の施術で終了とした。

施術者の見解

初回の検査では、骨盤・頸椎(くび)のゆがみがあり、内臓の反応は、腰痛の王道パターンの腎臓・肝臓に反応があった。

左のソケイ部に関しては、筋肉の硬結が強かったので、患部にカウンターストレインを入れて溶解した。

ぎっくり腰について詳しくはこちら

ぎっくり腰

この記事に関する関連記事