肘痛の症例①

症例1 整形外科で異常なしと言われた肘痛

患者さん

男性 40代

初回来院

2018年6月

症状と来院理由

3ヶ月前から痛くなった。整形外科でレントゲンを撮ったが骨には異常なかった。

シップとロキソニンを処方され、使ってみたが良くならないので、やらなくなった。

肘曲げると痛い。

施術の内容と経過

施術は姿勢・肝臓・腎臓・老廃物を流す施術。セルフケアも伝え、毎日実施するように伝える。

7回目終了後、毎日痛かったのが、1日1回程度になった。

18回目終了後、肘の痛みはなくなった。

 

施術者の見解

患者さんがまじめな方で、毎日根気よくセルフケアを実施した。

仕事がドライバーで重いモノの荷物を運ぶこともあったが、仕事を続けながら順調に回復していった。

この症例の感想

肘の痛み・痛みなく生活出来ています

お客様写真
アンケート用紙

整形外科で異常なしと言われて、そのうち回復するだろうとほっといていたら毎日ズキズキ。痛みが取れず、ネットの口コミを見て、小林先生の所に相談して半信半疑で通う事にしました。先生の治療と自宅でのセルフケア。

セルフケアは3ヶ月ほぼ毎日やり、徐々に改善され痛みも取れて今では痛みもなく生活しています。

正直、病院以外行ってなかったので、整体に行くのが不安でした。

通院して、セルフケアをしていく中で不安が解消されました。

家族や友人にも紹介しようと思ってます。ありがとうございました。

K.F 厚木市飯山 44歳

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

肘の痛みについて詳しくはこちら

肘の痛み