自律神経失調症の症例①

症例1 不眠症・胃の不調の症例

患者さん

女性 40代

初回来院

2018年1月

症状と来院理由

2年ほど睡眠の質が悪く眠れない時も続いていた、朝の胃の重い感じもあり、病院や鍼灸院で治療をしていたが、症状が変わらないという状態で来院。

 

施術の内容と経過

施術は自律神経失調症専用の施術。セルフケアも伝え、毎日実施するように伝える。

3回目終了後、眠れるようになってきた。眠りが浅い日もあるが、寝れる日が増えてきた。

 

10回目終了後、安定して眠れるようになってきた。朝起きた時の胃の重さは楽になってきた。

13回目終了後、睡眠・胃の重さもなく状態が良い。

本人の希望もあり、メンテナンスへ移行。

この症例の感想

自律神経失調症・不眠症・胃の不調が良くなりました

お客様写真
アンケート用紙

ここ2年ほど睡眠の質が悪く、また胃の不調(特に朝)が続き、病院や鍼灸などで治療をしていましたが、症状が変わらず悶々としていました。

もしかしたら、整体が合うのでは?と思い、通いやすいあふりさんを見つけ始めました。最初の1か月(週2回)で体の調子が徐々に良くなるのがわかりました。

ここは先生ひとり任せではなく、私自身教えてもらった自己ケアをすることで相乗効果を出し回復していくので、私には合った方法でした。

自己ケアは家で簡単に出来るものですが、うっかり忘れてしまうので先生に家でしてますか?と聞かれる度にどきっとしてしまいます。(笑)

 

また最初に何回くらい通ったほうがいいかおおよその回数を出してくれるのはありがたいです。

Y・M 清川村 40代

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

自律神経失調症について詳しくはこちら

自律神経失調症

この記事に関する関連記事