【顎関節症】口の開けにくさは、表情筋も関係がある

顎関節症の症状の一つに、口が開けにくいというものがあります。

口が開けにくくなる原因は、いくつかありますが・・・

その内の一つに、表情筋の硬さが関係します。

表情筋が硬くなると、口が開けにくくなります

 

表情筋は、皮膚にくっついているので、皮膚にアプローチする事によって間接的に表情筋にもアプローチしている事になります。

 

表情筋が硬くて、口が開けにくい人は皮膚を柔らかくすると、口が開けやすくなります

 

いかがでしたでしょうか?

顎関節症でお悩みの方の、一助になれば幸いです。

顎関節症について詳しくはこちら

顎関節症

この記事に関する関連記事

整体あふり

〒243-0031神奈川県厚木市戸室5-27-33メゾン内田101